◎現在の掲載戸数 588戸  ▶ 物件掲載をご希望の方はこちら

誰かと一緒に住んでいる安心感はシェアハウスならでは

名古屋のシェアハウス・ルームシェアはプラスシェア

入居者インタビュー

入居者インタビュー(村田 愛美さん)

誰かと一緒に住んでいる安心感は
シェアハウスならでは

村田 愛美さん
出身地:----職業:塾講師
年 齢:30代前半趣味:マラソン

入居のきっかけは何ですか?

一緒に住んでいた彼が東京に転勤することになったので、私は名古屋に残って一人暮らしをすることにしました。当時住んでいた家と職場に近いところで、ワンルームのアパートを探していたんです。そんなとき、「SHARE HOUSE 180° 黒川」をHPで調べて知りました。ちょうどテレビでもシェアハウスの番組が放送されていたときだったので、シェアハウスという言葉は知っていて、興味を持ちました。

シェアハウスに入居を決めた理由は?

黒川は前住んでいたところから地下鉄で1駅、生活環境が似ていたので住みやすそうだったからです。他のシェアハウスよりお値打ちだったのも決めた理由のひとつでした。シェアハウスなら家具や家電はほとんど揃っているので、買う必要もないし、引っ越しもすごく楽にできたのでよかったと思います。

普段の過ごし方は?

私は趣味のマラソンを中心とした生活で、3月の名古屋ウイメンズマラソンで目標タイムを切るために、日々練習しています。仕事がある日は、帰ってから少しご飯を食べて、大曽根の近くまで6kmほど走るのが日課です。休日は堀田あたりまで、30kmくらい走ります。
それ以外は、リビングでのんびりと仕事をすることもあります。リビングにはハンギングチェアがあるのですが、私のおススメスポットです。座りご心地が良くて、ゆらゆらしているとリラックスできて、思わずウトウトと眠ってしまいそうになります(笑)

以前の生活とシェアハウスの生活、どう違いますか?

今まで興味のなかったものにも触れる機会があります。リビングにはそれぞれがお気に入りの雑誌を置いて共有しています。マンガが好きなハウスメイトがいるのですが、その子がおススメするマンガがあっという間にシェアハウス内で流行って、今では私も読んでいます(笑)自分の好きなものを共有できるのっていいですよね。

シェアハウスのメンバーとの交流は?

年齢も職業も違う人たちと住むと、いろいろな価値観に出会えるので自分の幅が広がります。住人同士は年齢関係なくタメ口で話していて、日々の連絡事項や遊びの誘いなど、LINEで連絡を取り合っています。

ここのシェアハウスに住んでいる人は、サービス業の人も多く、帰宅時間や休みの日がバラバラ。夜になるとパラパラとリビングに人が集まってきます。帰宅するときに、リビングにあかりがついていたら、私も覗いてから自分の部屋に戻ります。帰った時に「ただいま」と言えるのは、幸せですよね。あと、リビングにいると階段を登る音が聞こえるのですが、足音の違いで誰が帰ってきたかわかったりもします(笑)一人暮らしだと一日中家にいると誰ともしゃべらないこともあると思いますが、シェアハウスなら誰かと話す機会があるので寂しくないですね。

またハウスではイベントも開催されます。外に遊びに行ったり、パーティーをしたり。ふらりと飲みに行くこともありますし、冬はスノーボードに行く人もいます。春には他のシェアハウスと合同でお花見もあるんです。
昨年末にはクリスマスパーティーをしました。買い出しや料理、片付けなどそれぞれ得意分野が違うのでできることをして、パーティーを企画しました。みんな事前に打ち合わせなどはあまりしないので、ケーキを買ってきてくれる人が続出して、食べきるのが大変でしたけど(笑)そのくらいのゆるさが心地よい気がします。他のハウスの人や、友達を呼んだりして、知り合いの輪も広がりますね。

シェアハウスを考えている人へメッセージを。

いろんな人に出会いたい人、一人暮らしに飽きた人におすすめです。誰かと一緒に住んでいる安心感はシェアハウスならでは。ぜひシェアハウスに住んでみてください。

記者:村田明音さん






愛知県名古屋市天白区 愛知県名古屋市西区 愛知県名古屋市中村区 愛知県名古屋市港区 愛知県名古屋市北区 愛知県名古屋市南区 愛知県名古屋市瑞穂区 愛知県名古屋市昭和区 愛知県名古屋市守山区 愛知県名古屋市千種区
カンタンお問い合わせ
問い合わせフォームを閉じる

お問い合せ

下記の項目にご入力のうえ内容確認ボタンを押して下さい。
※半角カタカナは使わないでください。
*は必須項目です。

氏名*
ふりがな
電話番号*
※半角数字(例)0533-00-0000
メールアドレス*
お問い合せ内容
 
 
Top