◎現在の掲載戸数 588戸  ▶ 物件掲載をご希望の方はこちら

建築から見る、シェアハウスの魅力とは?

名古屋のシェアハウス・ルームシェアはプラスシェア

シェアハウスの”?”がすべて分かる!
プラスシェアライターが行く シェアハウスブログ

2015.06.15

建築から見る、シェアハウスの魅力とは?

設計

・多様化するコミュニケーションのカタチ

SNSの発展は、インターネット上でのコミュニケーションを一般化しました。
記事や写真や、そのときの気持ちを共有することで自分や他人の興味関心がどんなものに向けられているのかを発信し、知ることができます。
モノゴトを共有しあうことが新しい価値として世の中で認知されてきており、実世界でも「シェアハウス」というカタチで実現しつつあります。今回のそのシェアハウスを「建築・設計」という視点から見ていきたいと思います。

建築2

・シェアハウスの設計の鍵は共有スペース

集合住宅とシェアハウスの大きな違いとして、共有スペースの設計と水周りを1カ所に集約できることです。集合住宅は各部屋が壁で仕切られているので、一人一人がその部屋で自由に暮らしを楽しみ、他人からその生活スタイルへの介入も少ないと思います。一方、シェアハウスの場合広いリビング、シャワーやトイレ、キッチンなどの生活に必要不可欠な要素をほかの入居者様と共有し、生活します。ひとりで過ごしても他人同士、共用スペースを過ごしても違和感のない空間を設計しなくてはなりません。
また、各部屋に設置していた水周りを取り除くことで、コストが大幅に削減することができます。

このほかにも、

・水廻りを集約することで、コストが抑えられる分グレードアップもできる

・各部屋の水周り面積分、共有スペース、各個室の面積を広く確保することができる

・広い面積、キッチン周りのグレードアップにより、家賃をそれに応じて引き上げることができる

「コミュニケーションのスペースをいかに快適に設計するのか」が大きな課題であり、その物件のオーナー様と設計士とのコミュニケーションが非常に大切となってきます。

 

・「どんな生活」「どんな時間」を過ごしたいのかを共有する。

シェアハウスは、ほかの入居者様と生活リズムを共有するのですから、当然、感覚のずれも発生します。外国人の入居も歓迎している物件も多いので、文化の違いから生活スタイルの違いも生まれてきます。そのずれを、自分とシェアメイト、または、オーナー様と一緒に暮らす空間を自分で変えていくことができます。実際に物件を建築する設計士から、オーナー様、入居者様とみんなで「こんな生活がしたい!」という考えをシェアすることで、より快適な空間を作り出すことができるのではないでしょうか?

ライター:sugar
プラスシェアライターが行く シェアハウスブログTOPへ
愛知県名古屋市天白区 愛知県名古屋市西区 愛知県名古屋市中村区 愛知県名古屋市港区 愛知県名古屋市北区 愛知県名古屋市南区 愛知県名古屋市瑞穂区 愛知県名古屋市昭和区 愛知県名古屋市守山区 愛知県名古屋市千種区
カンタンお問い合わせ
問い合わせフォームを閉じる

お問い合せ

下記の項目にご入力のうえ内容確認ボタンを押して下さい。
※半角カタカナは使わないでください。
*は必須項目です。

氏名*
ふりがな
電話番号*
※半角数字(例)0533-00-0000
メールアドレス*
お問い合せ内容
 
 
Top